KFS Official Blog

被災地をめぐる【後編】

=自然海岸へ=

f:id:koharagi_takochan:20120929135754j:image
                           ▲気仙沼岩井崎にて

その後、「龍の松」で有名になった岩井崎を訪ねました。
ここは、ぐるっとパノラマ状に海を見渡せる場所で、
入り組んだ海岸線と、ごつごつした岩が
独特の美しい景観を生み出しています。

「堤防なんか造らないで、ここのような自然海岸に戻していきたい」

最後にここを案内して下さって、
海とともに生きてきた、そしてこれからも生きていく
斉藤さんの覚悟が伝わってきました。

 【斉藤さんに教えてもらったこと】

1.まず、自分が助かろうと思うこと。 
  家族全員がそう思っていること。

2.当事者が家族と連絡を取ることを優先するために
  友達は連絡を遠慮すること。(電話のバッテリー消費を防ぐため)

3.現金を持っておくこと。
  震災後は、カードがつかえません。

4.車から充電できる機器をひとつ持っておくこと。

5.人と同じ逃げ方をしないこと。


=気仙沼から「想う」こと=

「震災の夜、電気が消えて真っ暗になって、
 星がものすごくきれいでした。
 星がきれいだと、どうなるかわかりますか?
 空がものすごく明るくなって、青い色になるんです。」
                 ———————気仙沼で聞いた話より

1年半経った被災地は、
あまりにも復興という言葉からは遠く、
途方に暮れる光景を幾度も目の当たりにしました。

そのようななか、「語ること」をして下さった斉藤さんの勇気、
この土地で生きていくという決意からわたしたちは学び、
そのことを伝えていくことが大切と感じています。

気仙沼は、海はもちろんのこと
深い森がある大変美しい土地です。
ここで暮らす方々を想うこと、
想像力のスイッチを入れて
まず、そこから始めてみませんか?


 
文/きょうこ


1

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

  • 2017-03-27 新寺こみちin仙台
    管野 さか江
  • 2017-03-11 あの日を忘れないために
    らんらん
  • 2017-03-11 あの日を忘れないために
    LuLu
  • 2017-03-07 3.11を忘れないために
    umemura martina
  • 2017-03-07 3.11を忘れないために
    佐々木洋子
  • 2017-03-07 3.11を忘れないために
    umemura martina
  • 2017-03-07 3.11を忘れないために
    るり
  • 2017-02-26 猫のしっぽカエルの手
    ほなうらん
  • 2017-02-02 「フレッシュ&ジューシー」ドイツ直送サービス
    まりこ
  • 2017-02-02 「フレッシュ&ジューシー」ドイツ直送サービス
    umemura

検索

その他