KFS Official Blog

2018-08-05 ちょっと変わった輪針の使い方

今回はちょっと変わった輪針の使い方について紹介したいと思います。

下記写真は、11月に出版した「レリーフ編み」の中で紹介している縦柄靴下の

編み上がりとはぎ合わせを始めるところの写真です。

 

縦柄の靴下は上記のような順で作りますが、

編む針は2.5mm×40cm(竹製)、つくり目の針は2.5mm×60cm(金属製)をそれぞれ使用しています。

針の材質を分けたのは、どちらが編み進める針なのか一目で区別できるようにするためです。

ちょっとしたことですが、初めて挑戦する方にはとてもわかりやすいのでおすすめ。

また、つくり目の針は40cm輪針でもできなくはありませんが、編んでいるうちに

抜けてしまう恐れがありますので、長めの60cmを使用します。

上記の輪針「addi 60cm」はWebショップにて販売しております。

縦柄の靴下を編んでみたい!!という方は書籍「レリーフ編み」をご覧いただくと

つくり目やその他の編み方など、Opal毛糸の新しい世界が掲載されていますので、

ぜひ、挑戦してみてください。


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

  • 2018-10-15 『ぽっちゃり君』で編むセーター
    Maya
  • KFSの毛糸に会えるところ
    Maya
  • 2018-10-15 『ぽっちゃり君』で編むセーター
    しず
  • 2018-10-10 夜の気仙沼駅前
    しず
  • 2018-10-10 夜の気仙沼駅前
    ほなうらん
  • 2018-09-02 見た目は地味だが…
    かよみ
  • 2018-09-02 見た目は地味だが…
    kfs umemura
  • 2018-09-02 見た目は地味だが…
    かよみ
  • 2018-09-21 ついにお披露目です!
    kfs umemura
  • 2018-09-21 ついにお披露目です!
    うさぎ

検索

その他