KFS Official Blog

2018-08-30 たからもの

「面白い毛糸があるの」
そう言って母からカラフルな毛糸を渡されたのは、2002 年のことでした。
これが魔法の毛糸Opal との出会いでした。

それ以来15 年に渡り、自身の作品を編んだ残り毛糸などをコツコツと丸めて、
マルティナの母マグダは次に何を編むか、夢を膨らませていました。
実はこれが「気仙沼たまご」の原型です。
不揃いなのもご愛敬ですよね?

こうしてマルティナの母マグダが巻いた手巻きを、一つの卵パックにまとめました。
日本に紹介される以前の激レアOpal 毛糸も含まれてますよね。。。
この「たからもの」を今回うめだの催事にお持ちしています。
「ママ、この毛糸に会わせてくれて本当にありがとう!」

2017 年3月南ドイツの実家にて二人で散歩するマルティナ(右)と母マグダ(左)


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

  • 2018-10-31 ウィンタースポーツ
    miho
  • 腹巻帽子の編み方と使い方
    miho
  • 2018-10-15 『ぽっちゃり君』で編むセーター
    Maya
  • KFSの毛糸に会えるところ
    Maya
  • 2018-10-15 『ぽっちゃり君』で編むセーター
    しず
  • 2018-10-10 夜の気仙沼駅前
    しず
  • 2018-10-10 夜の気仙沼駅前
    ほなうらん
  • 2018-09-02 見た目は地味だが…
    かよみ
  • 2018-09-02 見た目は地味だが…
    kfs umemura
  • 2018-09-02 見た目は地味だが…
    かよみ

検索

その他