KFS Official Blog

Eco systems in Germany IV - ドイツの家庭のエコシステムについてIV

And the garbage is of course separated. Here is the part that
can be made into fertilizer directly: The organic material is
put in from top of the compost and after one year (more or less)
a kind of soil comes out from below and can be sprinkled on
the garden.
生ゴミはもちろん、ほかのゴミとは分けて扱われ、
日本でもおなじみのコンポストによって、堆肥にされます。
organic material=有機物(ここでは生ゴミのことです)をコンポスト上部より投入。
だいたい一年もすれば、分解され土のようになります。
それを下から取り出して、庭に撒きます。
f:id:koharagi_takochan:20120527064308j:image


日本にもドイツにはない優れたエコシステムはたくさんあります。
その代表はコタツ。部屋全体を暖めるのに比べずっと小さなエネルギーで
効率的に暖をとれます。


高速道路の速度制限も燃料の過剰使用の抑制につながります。
最近日本でも徐々に浸透してきているアイドリングストップ。
ドイツでは一般車両においても常識ではありますが、そこでセーブしたガソリン以上に、
速度制限のないアウトバーンで大量のガソリンが浪費されているのが現実です。


お風呂の残り湯を洗濯に使うのもエコですね。
ドイツではお風呂に石鹸を入れてアワアワのバブルバスにしてしまうので、
再利用できないんです。


コメント
EMAIL: IP: 直訳ばかりで済みません。
そして、もちろん生ゴミは写真の木箱に入れて分離されます。
この生ゴミの中には、直接肥料に使える部分があり:
有機肥料は、堆肥の上から入れた後1年間は(多かれ少なかれ)置かれ、
肥料になる土壌が、下から現れて庭に撒いて使うことができます。
〜ドイツの方のエコ意識の高さに、いつも感心させられています。〜
  • ken
  • 2012/05/27 10:25 AM
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    umemura
  • 2019-11-13 川西阪急「ココロとココロがつながるモノ」本日開幕です!
    koma
  • 2019-11-13 川西阪急「ココロとココロがつながるモノ」本日開幕です!
    桃の葉
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    桃の葉
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    ひなた
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    umemura
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    花コメ
  • 2019-10-27 これからのシーズンの注目アイテム!
    Hiro
  • 2019-10-18 和みます。。。
    ほなうらん
  • 2019-09-26 ちゃんと2作目
    しず

検索

その他