KFS Official Blog

ドイツへの帰省準備 II

結局お役所では相手にされず、自分たちで作りました。
この震災で学んだこと:
自分たちでやるしかない!!!

f:id:koharagi_takochan:20120311113538j:image

ちなみにこの手製パスポートのラリーくんとおはんちゃんの肖像、
千葉県の鈴木さんが作ってくれたスタンプです。本当に似てますよね。
ある日突然全く知らない方から、身に覚えのないプレゼントが。。。
それが鈴木さんからのこのスタンプでした。
あまりの感動に、また、泣いてしまいました。
これからタコちゃん関連のイベントで、
このスタンプにご活躍頂こうと思ってます。
鈴木さん、本当にありがとう!


ドイツへの帰省準備

マルティナ@気仙沼市役所前。
今度ドイツに帰省する時に使う、
ラリーくんとおはんちゃんのパスポートをゲットする為、
戸籍謄本を取ろうとしてるみたい。。。
でもタコちゃんがパスポートなんて取れるの?
そもそも必要???

f:id:koharagi_takochan:20120306133859j:image


気仙沼別荘滞在記

先週末の気仙沼滞在時にもいろいろな出会いがありました。
斎新商店社長の斉藤隆一さんもそんな一人です。
斎新商店が何のお店かというと、ワインから衣料まで、本当に何屋さん???
そのホームページがこちらです。http://winenavi.jp/
ワインと一緒にタコちゃんが・・・
斉藤さん自身、津波被害の被災者です。でも流されてしまった財産には一切未練がなく、
ただただ飼っていた猫ちゃんたちが津波にのまれてしまったことが悲しくて
しかたがないという、とても心の優しい方です。
今後のタコちゃんプロジェクト、この斉藤さんと一緒に何かが始まりそうな予感です。
(写真右が斉藤社長)

f:id:koharagi_takochan:20120304183055j:image


気仙沼だより

ヒェー。柱が結露して、サビが付いてました(T-T)
今日で震災から一年。仮設はひっそりと静かに、この日を迎えています。

f:id:koharagi_takochan:20120311101232j:image


気仙沼だより

今日は、中学校の卒業式でした。タコちゃんも息子の卒業を祝ってくれてます。たくさん大変なことがあった一年間。そして、たくさんの思いが詰まった三年間の中学校生活。本当にお疲れさま!


気仙沼だより

ボランティアさんにお嫁に行ったタコちゃん。さっそくリュックに付けてもらいました。かわいいでしょ(^.^)


ラリーくんとおはんちゃん冬眠終了

The little ones can't stand it any longer: 'Wake up! Wake up! This
is not the time to sleep now! Everyone is busy!!!
At least the two open their eyes...

ちびタコちゃんたちも我慢できません:起きろ!起きろ!今寝る場合
じゃないよ!皆忙しいから!!!
そして二人は目を開きます。。。。

f:id:koharagi_takochan:20120309084100j:image


梅村マルティナは無事で気仙沼から帰ってきました!

ただいま!とマルティナは言う。お帰り、お帰り、お帰り、
とタコちゃんたちは言う。
お土産ばなしはも少しあとです。まずお仕事。。。。


『絆』セット


今日は梅村マルティナと気仙沼のタコママ達との出会いをご紹介します。


震災直後、マルティナは被災者に毛糸を届けたいと思いました。
多くの人は、今は水や食料が必要で毛糸なんて不要だといいました。
その時京都のNPO Team Sake http://teamsake.blogspot.com/
の皆さんが「悲しみを忘れるために編み物もいいかもしれない」と
毛糸2玉+腹巻帽子の編み方説明書+輪針の編み物セット
を東北各地に届けてくれたのでした。
(腹巻帽子の編み方説明書は当時12歳と9歳の息子たちが描いてくれました。
 毛糸をお求め頂いた方からご指摘いただく本日まで、誤字が多数あることに
 気づきませんでした・・・)


やはり当時は毛糸どころじゃないという避難所が大半でしたが、ある避難所から、
もっと毛糸を送ってほしいとのリクエストを受けました。
それが当時の小原木中学校避難所。現在のタコママ代表、星美保さんからでした。マルティナとと気仙沼の『絆』の始まりです。


震災から3か月経った6月11日、マルティナは家族とともに初めて気仙沼を訪問し、
小原木中学校避難所に宿泊させて頂きました。
後にその校庭に建つ仮設住宅のことを、生意気にも「気仙沼別荘」と呼ばせて頂くほど泊めて頂くことになるとは、本人も想像していませんでした。


この初回気仙沼訪問時は皆で編み物ばかりしていました。
しかし編み物は誰でもできるものではありません。
編み物の経験がなくても、誰もが制作に参加できるものはないか?
こうして小原木タコちゃんが生まれたのでした。


この気仙沼とマルティナの『絆』のきっかけとなった腹巻帽子用編み物セット、
26日の本ブログで紹介させて頂いてます。
http://d.hatena.ne.jp/koharagi_takochan/20120226


ひなまつり

今日は、お雛様、我が家のタコちやん達も、お祝いしてます
(1日アップが遅れました。すみません・・・)

f:id:koharagi_takochan:20120303172726j:image



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

検索

その他