KFS Official Blog

気仙沼FSアトリエの人びと(3)


f:id:koharagi_takochan:20120927090447j:image:w360
マルティナさんと斉藤龍彦さん
さかなの駅*にて 9/10撮影


創業大正15年、気仙沼の老舗酒店として始まった
斎新商店の斉藤隆一さん、龍彦さん親子が
マルティナさんと出会った事実は
偶然という名の必然としか思えない出来事でした。

ーそれは5分でー

ワインナビ**のお客さんから「ボランティアをしたい。」という
申し出を受けた龍彦さんは、小原木の仮設住宅に
受け入れをお願いしに行きました。

この時、龍彦さんの目に留まったのは、
そう、小原木タコちゃん。
アパレル会社で修行をした龍彦さんは、一目見て
「この糸は違う、、、一体誰が作ってるんだろう?」と
興味を持ったそうです。

この後しばらくして、その話を聞いたマルティナさんが、
斎新商店を訪れることになるのでした。

「はじめまして。」の挨拶もそこそこに、
マルティナさん 「斉藤さん、会社作って。」
斉藤隆一さん 「!!、、、 良いよ!」

斉藤さん一家も被災者です。家も会社も被災し、
かろうじて残された店舗で営業を再開された中、
被災した人の手助けになるなら、と決断をされました。

こうして出会って5分後には
マルティナさんのFS***が、気仙沼という土地と結びつき
「気仙沼FSアトリエ」として
新たな一歩を踏み出したのです。

現在は、斉藤隆一さんの長男龍彦さんが
ネットショップの店長を勤めています。

「今までは、元々家にあった仕事をやる事が多かったんですけど、
ゼロから始めることになったOpal毛糸の販売に
やりがいを感じています。」

龍彦さんは、お客さんにお買い物を楽しんでもらえるよう
カラーパレットを考案したり、
日々、より良いショップ作りを考えています。


次回は民宿高見荘 館主 加藤宣夫さんを紹介します。
きょうこ

*さかなの駅
ピッチピチのお魚を販売中
ネット通販やってます
http://sakananoeki.com/

**斎新商店の運営するワインのネットショップ
http://winenavi.jp/

***FS
【Friedenssocken】ドイツ語
意味 へいわのくつした 略して「FS」
梅村マルティナさんが、手作り市で名乗っていたお店の名前



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    umemura
  • 2019-11-13 川西阪急「ココロとココロがつながるモノ」本日開幕です!
    koma
  • 2019-11-13 川西阪急「ココロとココロがつながるモノ」本日開幕です!
    桃の葉
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    桃の葉
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    ひなた
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    umemura
  • 2019-11-05 「しあわせを編む仲間」の輪へ、ようこそ!
    花コメ
  • 2019-10-27 これからのシーズンの注目アイテム!
    Hiro
  • 2019-10-18 和みます。。。
    ほなうらん
  • 2019-09-26 ちゃんと2作目
    しず

検索

その他