KFS Official Blog

2018-05-11 ベアーテさんのお店1

南ドイツ・ヘッヒンゲンに来たら必ず立ち寄る場所があります。Tutto社工場併設小売店です。

オーナーがフレデリックさんたちのお母さんベアーテさんなので、「ベアーテさんのお店」って呼んでます。

12Tutto1-1.JPG

オパール毛糸の楽園です!

12Tutto1-2.JPG

パンダさんが鎮座するこちらのコーナー。レーゲンヴァルトシリーズが並んでいます。


2018-05-10 ホーエンツォレルン城2

こちらはホーエンツォレルン城内部。マルティナさーん、どこに向かってるんですか?

11castle2-1.JPG

 

独房?マルティナさん、入りたい???

11castle2-2.JPG

 

地下に向かってたかと思ったら突然光が。。。え、出口?

11castle2-3.JPG

 

こちらは正門の反対側。昔は緊急脱出通路だったようです。

11castle2-4.JPG

今は観光客を引き寄せるこの天空のお城、もともとは外敵の侵攻に対抗するための要塞だったんですね。


2018-05-09 ホーエンツォレルン城1

3月末にドイツで行われた手芸と趣味の見本市「h+hケルン」のレポートを5/5までお送りしましたが、

今日からしばらくは実家とTutto社のある南ドイツへの帰省レポートをお届けします。

 

こちらは南ドイツのバスの中。まず目につくのは写真右のステッカー。

「キセルをしたら罰金60ユーロ。(約8,000円)」と言う広告。というか警告。

ちゃんと切符を買った方がよっぽど経済的ですよ♪と訴えています。

その左には窓を叩き割って脱出するための緊急ハンマー。

夏のイタリア滞在記でもご紹介したように、ヨーロッパの鉄道ではよく見かけます。

実際に窓を叩き割っている様子を目にしたことは今まで一度もありませんが。。。

 

そして窓の向こうに見えるのはホーエンツォレルン城

ホーエンツォレルンは貴族の名前ですが、ケルンにある南京錠の橋もホーエンツォレルン橋

何かの縁を感じますね。。。

10castle1-1.JPG

 

このお城、これまで何度もその遠景をご紹介してきましたが、

Tutto社のあるヘッヒンゲンの街の郊外にある山城です。

今回は遠景を眺めるだけでなく、久しぶりにお城に行ってみることにしました。

10castle1-2.JPG

 

え、桜???

実はこれ、樹氷でした。

10castle1-3.JPG

 

そしてこのホーエンツォレルン城、KFSブログ初の内部公開です。

お城の中に教会があるんですね。

10castle1-4.JPG


2018-05-08 レア毛糸「スポーツ」

現在KFSでは春夏向けの毛糸としてKFSコットンラナグロッサコットン

販売していますが、もうひとつこれからの時期にぴったりの毛糸をご用意しました。

その名も、「スポーツ」。

ウール・ナイロン・ポリプロピレンの3つの繊維からなる高性能毛糸です。

冷気を通さず熱をこもらせないヒートバランス機能を実現し、

従来のOpal毛糸より通気性が優れているのが特徴です。

ムレが気になる夏場にはもってこいの毛糸ですので、

ぜひ靴下やアームカバーなどを作ってみてはいかがですか。

そしてこの「スポーツ」、なかなか他のお店ではお目にかかれない

とってもレアな毛糸なんですよ!!

今回特別に入手しましたので、気になった方はお早めにゲットしてくださいね。

尚、こちらの毛糸は伸縮率が違うため、他のOpal毛糸と組み合わせて

編まないようお気を付けください。

「スポーツ」は本日12時より販売スタートです!!


2018-05-07 Opal Knit Cafe 札幌

札幌では毎月KFSの毛糸を使った Opal Knit Cafe が開催されていますが、
今月の開催日は今週土曜日です。

Opal Knit Cafe【札幌】
5/12(日)11:00〜16:00(入退室自由)
もみの木SO 1Fフリースペース 札幌市中央区南3条西26丁目2番24号

4月の開催日は21日(土)でした。
この日は25℃近くまで気温も上がって暑いくらいでしたが
わきあいあいとした楽しい時間が流れたそうです。

レリーフ「チャコール」でネックから編むセーターを編んでおられるMさんは、
お袖をあとほんの少し編めば完成するところまで編めています。
こちらはその作品の一部。

これを見てそのお友達もチャコールでセーターを編む決心をされたそうです。
秋にはみんなでレリーフチャコールのセーターを着て記念撮影ができたら素敵ですね!


2018-05-06 ハレの春♪ 帯広イベント情報

北海道 帯広の「しあわせを編む仲間」*SUMIYO TAKAHASHI Knit Studio*さんが
次の週末に帯広市で開催するイベントをご紹介いたします。
KFSの毛糸とニットも出品されます。
帯広周辺にお住いのみなさん、来週末はぜひ帯広へ!

ハレの春♪in北のれんが倉庫
十勝を中心に、道内各地から素敵なコト、モノ、オト、タベルが集合します。
5/12(土)&13(日)
☆12日 11:00〜18:00 ☆13日 10:00〜17:00

※入場無料&無料駐車場50台完備
12日18:30〜一夜ライブ開催
料金:2,000円(1drink&1snack付♪)
場所:北のれんが倉庫ギャラリー 帯広市東2条南12丁目2-1

お問合せ:*SUMIYO TAKAHASHI Knit Studio*
TEL / 0155-67-0883
Mail / taka84ssize@globe.ocn.ne.jp

◆出展店舗◆
☆物販ブース☆
*SUMIYO TAKAHASHI Knit Studio*(帯広市) 毛糸&ニット作品
Enchan*tee&misc.(札幌市 & 函館市) 雑貨&洋服
Glass ぶどうの実(札幌市) オリジナルガラスアクセサー
shabby F(札幌市) ヴィンテージ布作品
はこだて 工芸舎(函館市) 陶器&工芸品お茶
草薙農園 MOSIR(帯広市) フェルト作品&たまご
気球堂(帯広市)※ 12 日のみ出展 七宝焼 アクセサリー
塚本木工製作所(幕別町札内) 木工作品
GOCHI SOAP(旭川市) 石けん
yoomoo felt works tama(七飯町) 羊毛フ ェルト
café&gallery FLOWMOTION(帯広市) 雑貨
梅村マルティナ気仙沼 FS アトリエ (気仙沼) 毛糸&ニット製品

☆飲食ブース☆
飲食ブースCHEZ LORSSERY(帯広市) フレンチ惣菜&ワイン
Bar Maroubra(帯広市) ビール&各種ドリンク
Lunchica(芽室町) ダッチオーブン料理
風土火水(帯広市) パン
Tokachi JEWELRY GELATO(帯広市) ハンドメイドジェラート
Cake&Café あちろ(帯広市) 焼き菓子各種
古季庵 いろり(帯広市) ※12 日のみ出店 豚丼など
Café Bus Komorebi(清水町 )※ 13 日のみ出店 コーヒ&スイツ

☆音楽☆
音楽桑田 晟志(札幌市) 弾き語り
池田 正樹(帯広市) シンガーソグライター
M2 横井康祐&吉村由梨(帯広市) アコースティックユニット
とかち パーマネントカルテット(帯広市)※ 13 日演奏 クラリネット四重奏


2018-05-05 ケルンだより4

h+hケルン国際見本市終了翌日。南ドイツの実家に帰る日です。

午後のICE(ドイツ新幹線)出発時刻までまだ時間があったので宿の近くの公園に行ってみました。

この公園の名前は「広島-長崎公園」です。Wikipediaにドイツ語の紹介ページがあります。

この公園がオープンしたのは比較的最近で、2004年8月7日のことでした。

ケルン平和フォーラムと言う団体が広島・長崎平和記念公園を作ることを提案し、

日本文化研究所の近くの戦争による瓦礫が積まれていた緑地が公園として整備されました。

開園から3年後の2007年8月5日には、 広島のためのイチョウ 、長崎のための桜 、

ケルンのための黒いポプラ、3本の木に囲まれる形で核兵器廃絶記念碑が立てられました。

その記念碑は核戦争と核兵器に対する抵抗の象徴として千羽鶴があしらわれています。

人類の行いについて、いろいろ考えさせられますね。


2018-05-04 ケルンだより3

今日は見本市期間中のごはん、ご紹介したいと思います。

こちらはある日の朝食。ドイツの朝食と言えばパンにジャムというような甘い食事が一般的です。

パンにハム、ソーセージ、チーズと言うのは実は典型的な夕食のスタイル。

ランチがもともドイツ人にとってメインで、温かい食事が出されていました。

ただ近年は仕事が忙しい昼間のランチは軽くなり、

現代ドイツの食事のスタイルは以前とは随分変わってきました。

9Essen1.JPG

 

こちらは見本市二日目のディナー。ケルン中心部にあるドイツレストランに行きました。

出てきた料理は、肉。肉。そしてまた肉。

9Essen2.JPG

 

こちらは最終日の夕食。前日のお肉があまりに山盛りだったので、

ドイツ料理以外のお店を探して行きついたのはペルシャ料理のレストラン。

メニューを読んでもよくわからないまま、とりあえずオーダーしてみました。

9Essen3.JPG

まずは1/4に切っただけの玉ねぎとラディッシュ、そして葉っぱばかりのプレート。

そしてナンのようなものと、それにつけて食べるディップクリームのようなものが出て来ました。

初めて食べるものばかりで、中にはちょっと変わった味のものもありましたが、

とっても美味しかったです。


2018-05-03 ケルンだより2

少し遡ってこの日は見本市準備日。
セットアップが早く終わり、会場から宿へ帰ろうとしたことろ、目の前に人力タクシーが。。。

8Cab1.JPG


市内中心部の観光スポットを周遊しながら宿まで送ってくれるそうなので、
一度利用してみることにしました。

8Cab2.JPG
ゆっくり観光気分で人力タクシーに乗り込むと・・・

運転手さんは競輪選手???
かと思えるほどのスタートダッシュ!
観光客でごった返す南京錠の橋「ホーエンツォレルン橋」を
観光客の間を縫うように走り抜け、
渋滞する街中を車の間を右に左に、
時には車道の真ん中を、
また時には歩道に乗り上げて
進む進む。どんどん走ります。
私?スーツケースが落ちないように押させるのに必死!!!
昨年夏にナポリで体験した「ルパンの世界や!」のタクシーと同じ感じ。
そう、ジェットコースター気分!
観光気分で景色を見る余裕はなく
ましてや動画を撮るような余裕もなく
写真一枚すら撮ることができないまま宿に到着!!!

結局路面電車の倍以上の交通費がかかってしまいましたが、
とっても貴重なアトラクションを楽しませて頂きました。


2018-05-02 ケルンだより1

イベントやゴールデンウィークのご案内等のため4/22以降ご紹介できていなかった

3月のドイツ帰省時のレポート「ドイツだより」を再開させて頂きます。

 

h+hケルン期間中はウィークリーマンションのようなところに滞在しました。

その宿は見本市会場のケルンメッセからかなり離れたところにありましたが、

ケルン市内はSバーンと呼ばれる路面電車が張り巡らされていて、

乗り継ぎなしの一本で会場まで行けたので、とっても快適でした。

7-1.JPG

 

停留所前の教会では、清掃員さんが毎朝お掃除。

ブロワ―でブンブンゴミを吹き飛ばしていました。。。

7-2.JPG

その手前には自転車が転がっていました。。。



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

  • 2018-05-25 KFS気仙沼駅前ショップ 祝開店4周年!
    あかりのパパ
  • 2018-05-27 今日もイベントです!
    くみんば
  • 2018-05-07 Opal Knit Cafe 札幌
    umemura
  • 2018-05-07 Opal Knit Cafe 札幌
    mito
  • 2019-04-30 KFS駅前ショップ臨時オープン
    TANAKA
  • 2018-04-28 イベントは続きます
    umemura
  • 2018-04-28 イベントは続きます
    chieko
  • 2018-04-03 コーン巻き1kg
    かよみ
  • 2018-04-03 コーン巻き1kg
    umemura
  • 2018-04-03 コーン巻き1kg
    かよみ

検索

その他