KFS Official Blog

2017-09-26 イタリア訪問記 8 お買い物袋

一昨日ご紹介したスーパー・エッセルンガの戦利品の一つをご紹介します。生ハムです。
ドイツのスーパーの包装は、紙とプラスチックフィルムの二層構造でしたが、
イタリアのエッセルンガはアルミ箔。どちらが環境に優しいのかは不明です。。。
7-0.JPG
ドイツもイタリアも、スーパーでの買い物の際はエコバック持参が一般的。
レジ袋は有料です。日本でも最近はエコバッグを持参する人、増えてますよね!?
ドイツではエコバッグ持参があたりまえ過ぎて、スーパーのレジ袋を見た記憶がないのですが、
今回イタリアのスーパーでレジ袋を手にして、20年前との違いに驚きました。
7-1.JPG
左はスーパー エッセルンガのレジ袋。右は街中の観光客向けお土産物屋さんのレジ袋です。
どちらも「生分解性プラスチック」でできています。日本で一般的なプラ袋より、かなりやわらかい印象。
7-2.JPG
生分解性プラスチック製レジ袋は植物由来原料から作られ、コンポスト使用OKとのこと。
20年前と比べ、イタリアで環境保護の取り組みが飛躍的に進んでいたことは、正直なところ大変な驚きでした。



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

検索

その他