KFS Official Blog

2017-09-30 イタリア訪問記 11 最終回

昨日に引き続きフィレンツェの「食」の紹介で、イタリア滞在記の最後を締めようと思います。
この日はドゥオーモ近くの別のレストランに出かけました。

老舗のビステッカ有名店は「超レア」でしか提供してくれませんが、
こちらのお店は焼き加減についてある程度客のリクエストに応えてくれるとのことだったので、
フィレンツェに来た記念に、ビステッカ アッラ フィオレンティーナをみんなで頼んでみることにしました。
10-1.JPG
子供たちはレアが好きじゃないから、できる限りよく焼いてね。
って頼んだのですが、「焼き過ぎると硬くて食えないからせいぜいミディアムが限界だよ。」
と言われて出てきたのがこちら。
10-2.JPG
それでもTボーンの骨沿いの部分はレア。
10-3.JPG
みんなで堪能させて頂きました。
もう、しばらく、お肉は結構。。。ですね。

20年ぶりのイタリア訪問レポートにお付き合い頂き、ありがとうございました。


2017-09-29 イタリア訪問記 10 フィレンツェの名物料理

この日はビステッカ アッラ フィオレンティーナ (フィレンツェ風Tボーンステーキ)
で有名なレストラン「ペルセウス」に出かけました。
9-1.JPG

ステーキ用の肉、肉、そして肉。
9-2.JPG
フィレンツェ風ビステッカは超厚切りでレアが基本。800g以上あるでしょうか。
量を減らして欲しいとか、ミディアムにして欲しいというリクエストは名店には通じません。
みんなで分けても食べきれる自信が持てなかったので、この日はビステッカをあきらめました。
9-3.JPG
こちらは軽めのタリアータ。大変美味しゅうございました。

9-4.JPG
こちらのディスプレイは笑えました。
「緊急時(肉がのどに詰まった時)、このガラスを割って(中の道具を取り出して)!」という意味。
9/19のブログでご紹介した、列車の窓ガラスを割って脱出するための緊急ハンマーのパロディーですね。


2017-09-28 Energy 活力

新シリーズ「Energy 活力」が、ドイツで発売となりました。

いつものように「ドイツ直送サービス」にて8色セットをお買い得価格で販売いたします。

国内販売を待つ間お楽しみいただけるよう、今回も「気仙沼たまご」を

用意しております!!

淡く柔らかい色味に合わせやすい単色2種をセットしました。

どちらも9月28日(木)12時〜販売開始いたしますので、お楽しみに☆彡


2017-09-27 イタリア訪問記 9 ゴミ廃棄事情

今日はフィレンツェのゴミ廃棄事情をレポートします。
8-1.JPG
青いフタのコンテナは「その他のゴミ」。日本で言う「燃えるゴミ」に該当します。
右隣りの黄色いフタのコンテナは、紙ごみの収集コンテナです。

8-2.JPG
こちらの青いコンテナは、ビン、缶、そしてプラスチック。

8-3.JPG
こちらの「オーガニック」と書かれたコンテナは、いわゆる生ごみ。
ヨーロッパ系各国言語だけでなく、アラビア語や中国語の表示も見受けられますね。
SIは捨ててよいもの、NOはダメなものが列挙されています。
フィレンツェの友人は生ごみを出す際、昨日ご紹介した生分解性レジ袋を使用しています。

しかし、どのコンテナにも必ず落書きがありますね・・・


2017-09-26 イタリア訪問記 8 お買い物袋

一昨日ご紹介したスーパー・エッセルンガの戦利品の一つをご紹介します。生ハムです。
ドイツのスーパーの包装は、紙とプラスチックフィルムの二層構造でしたが、
イタリアのエッセルンガはアルミ箔。どちらが環境に優しいのかは不明です。。。
7-0.JPG
ドイツもイタリアも、スーパーでの買い物の際はエコバック持参が一般的。
レジ袋は有料です。日本でも最近はエコバッグを持参する人、増えてますよね!?
ドイツではエコバッグ持参があたりまえ過ぎて、スーパーのレジ袋を見た記憶がないのですが、
今回イタリアのスーパーでレジ袋を手にして、20年前との違いに驚きました。
7-1.JPG
左はスーパー エッセルンガのレジ袋。右は街中の観光客向けお土産物屋さんのレジ袋です。
どちらも「生分解性プラスチック」でできています。日本で一般的なプラ袋より、かなりやわらかい印象。
7-2.JPG
生分解性プラスチック製レジ袋は植物由来原料から作られ、コンポスト使用OKとのこと。
20年前と比べ、イタリアで環境保護の取り組みが飛躍的に進んでいたことは、正直なところ大変な驚きでした。


2017-09-25 今週末はハンズへGo!

今週末9/30(土)、10/1(日)には、杜の都•仙台の東急ハンズさんでマルティナのワークショップが開催されます。

 

1つ目は「レリーフ毛糸で編むIコードのチョーカー・ブレスレット」

この秋に発売される新しいコンセプトの毛糸、

そしてその毛糸を最大限楽しむ編み方を世界同時発売予定日より

一足早く体験できる中級者以上の方向けのワークショップです。

詳細及びお申込みはこちら

 

次にご紹介するのは「ぽっちゃり君で編むスヌード」

ちょっと太めでサクサク編める「ぽっちゃり君」を使って

Opal毛糸にぴったりな作り目の作り方やドイツ式の編み方、

そして簡単なレリーフ編みを体験して頂きながらスヌードを制作します。

初心者の方でもお楽しみ頂けます。

詳細及びお申込みはこちら

仙台のみなさん、いっしょに魔法の毛糸、楽しみましょう!


2017-09-24 イタリア訪問記 7 スーパーマーケット

フィレンツェ街中のスーパー エッセルンガに出かけました。
欧米のスーパーではレジ待ちの長蛇の列が気になることがありましたが、イタリアでも改善の努力がなされていました。
6-1.JPG
こちらのプレスト スペーザとは、「早いお買い物」の意味です。

6-2.JPG
買い物のナビゲーターは、フィレンツェで居残り中の親友リカルドです。
このリモコンのような機器に事前登録したカードをセットしてスピードショッピングのスタートです。

6-3.JPG
手に取った商品のバーコードをリモコンのような機器で読み取り、かごに入れて行きます。
買い物かごでなくても持参した買い物袋でも構いません。
6-4.JPG
必要なものをかごに入れたら、「早いお買い物」専用レジに行き、「リモコン」をレジに渡します。
レジ係はリモコン状機器の情報を読み取り、清算。とってもスピーディーです。

ここで疑問が一つ。
レジに持ち込んだ商品をお客さんが全て「リモコン」でスキャンしている保証はないですよね?
ごまかしたい放題じゃないの???

回答:
レジでは時々抜き打ちで、スキャンデータと持ち込んだ商品の数が一致しているかチェックされます。
もし一致しないことがあれば、その後はレジに並ぶたびに、しばらくはチェック対象となるそうです。
「人の良心」に依存したシステムがイタリアで成り立っているのは、正直驚きでした。。。


2017-09-23 イタリア訪問記 6 ジェラート

昨日、一昨日とお知らせを挟みましたが、またイタリア訪問記をお届けしたいと思います。

ミケランジェロ広場の後に立ち寄ったのはこちら。
イタリアンアイスクリーム「ジェラート」のお店、ジェラッテリーアです。
5-1.JPG
どれにするか、とっても迷います。

5-2.JPG
この日選んだのは・・・・秘密です。でも、とってもおいしかったです。

気温が下がった夜、20年ぶりにフィレンツェの街中を散歩しました。
5-3.JPG
こちらは昼間丘の上から眺めたフィレンツェのシンボルであるルネッサンス建築の傑作、ドゥオーモです。


2017-09-22 北海道はイベント盛りだくさんです。

明日は札幌で Opal knit cafe が開催されます。 9/23(土)11:00〜16:00(入退室自由)
会場:札幌市中央区南3条西26丁目2番24号 もみの木SO 1Fフリースペース
参加費:100円(ご予約不要)
お問い合わせ:c3ruri32@mail.goo.ne.jp(沼田さん)
こちらは先月の様子です。

籠の中に赤すきんちゃんとずんだで編んだソックスが入っている写真は、雰囲気がかわいくて撮らせて頂きました。
赤ちゃんがいる方なので、自分で編んだかごに編み物道具をまとめて、棒針は危ないので百円ショップの水筒に入れて
しっかり蓋をしめているそうです。良いアイディアだしかわいいんですよ☆真似しちゃおう!!

札幌のみなさん、いっしょに毛糸にふれるしあわせ、共有しましょう!!!


また釧路では鳥取大通の《en》share placeさん2階レンタルシェルフにて
and be every☺️さんによるご自身のニット作品とKFS毛糸の販売会が行われています。
会期は昨日9/21(木)から一か月間。
https://ameblo.jp/8823-h5k/entry-12312683254.html
お問い合わせ: 
and_be_every@yahoo.co.jp
《en.》share place: 0154-45-1085
道東のみなさん、是非この機会にKFSの毛糸にふれにいらしてくださいね。


2017-09-21 もうすぐ終了です・・・

今年の春に発売を開始して以来みなさまにご好評いただいております

KFSコットンとイタリア生まれのラナグロッサコットンは、

9月29日(金)午後3時までの販売となります。

まだ購入したことがないけどとっても気になる!

という方、

コットン毛糸で編みかけの作品があって毛糸が足りなくなるかも・・・

という方、

来年の春夏に身につけるものをこれからゆっくり編もうかなぁ〜

という方、

お急ぎくださーい!!



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

記事

カテゴリ

アーカイヴ

新着コメント

検索

その他